--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.09.10 22:41

今日は学校の「親子のコミュニケーションについて考える」という講座に出てきました。講和を聴くのではなく「参加型」というので、人前で話すのはあまり得意でない私は気後れしていたんですが、とても勉強になりました。
その中で、1人の人があるテーマについて話して、それを聴いた人がその人の言いたいことを自分の言葉で言い直すというゲームがあって、盛り上がりました。分かったことは聴くということが難しいということ。耳で聞いて分かったことも実際自分の口で言おうとするとすんなり出てこないのです。神経を集中していてもそうなんだから、普段、聞いているつもりで聞き流していることってたくさんあると思います。
子供の話をゆっくり聞いてあげなきゃと思いました。
夕飯の席はそんなコミュニケーションのチャンスですね。どんな話が出るかと思ったら、上の子が「歯が痛い」って。見てみると上の奥歯の間が黒くなっているマジですか。時々見てあげていたのに…。明日、朝いちで歯医者を予約します。
スポンサーサイト

| 子育て | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

私も参加型は苦手だわ

そうなんだよね~
話を聞いてて、そのときは理解したつもりなんだけど時間が経つとあれ?なんて言ってたっけ?って。
結局真剣に聞いていないから、頭に入らないのよね。
私は話するの苦手なので、すんなりと話したいことを言葉に出来る人が羨ましいです。
おまけに舌が廻らないので何言ってるか自分でも解らないときがあるんだわ。
言葉って大事だよね。

| chihiro | URL | 2007.09.12 14:36 | 編集 |

(o^o^o)笑いました。自分で何言ってるか分からないって!私もそういう時あります。私の場合ボキャブラリー不足だけど。Chihiroさんて面白い!

| Chihiro様 | URL | 2007.09.12 14:48 | 編集 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。