--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.08.24 09:31

4年生の娘の夏休みの宿題に、身近で見つけたバリアフリーなものを2つ書きなさいというのがあって、先日お友達のママと「何にした?」みたいな話になりました。
エレベーターの入って正面によくある鏡って、車椅子の人がバックミラーのように使って、後ろ向きに安全に出られるようにするためのものなんだって!教えてくれました。
知らなかった。そういえばちょっと下目に付いてて、ちょっと曇っているような上等な鏡ではない感じ。

驚いた私は娘に報告「知ってた?エレベーターの鏡って青海苔が歯に付いてないか見るための鏡じゃないんだって!車椅子の人がバックミラーにするんだって!!」とジョークを混ぜて…。
そしたら返してきた。「え?そうなんだ!!私鼻毛が出てないか見るためだと思ってた!」
なかなかやる(^_^;)。

冗談はさておき、体の不自由な人も不自由なく生活できるようにいろんな工夫がされてきて、あちこちで目にします。
娘は旅行で泊まったホテルにあった、バリアフリーのお風呂がついた客室の事を書いてました。

身体障害者という囲みはなく、元気な人と体に不具合がある人との障壁を無くすのが言葉の通りのバリアフリーです。
最近義歯にした義母が、外食の後、義歯を洗面所で洗いたいんだけど、人目が気になってなかなか出来ないって言ってました。高齢者でも元気な世の中。こういう悩みを持った人は多いはず。ちょっとついたてのある洗面とか、ちょっとした洗面のあるトイレの個室とか、今後出来るんじゃないかな。
こういうのもきっとバリアフリー。
スポンサーサイト

| 日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。