--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.03.13 17:19

6年間がんばった娘の小学校での本の読み聞かせ。
本日最終日でした。
6年間、よく頑張った。そもそも人前で話すのは苦手な私。本を選ぶのも大変だったし。毎回すごい緊張感。
でも読み終わった後、子供達がよい反応を見せてくれると、とてもうれしくて。
もちろん、面白いはずの本が受けなかったり、ずーっとお喋りされて、へこむ日もありましたよ。

図書館で気になったタイトルの絵本を片っ端から流し読みして本を選んでましたが、いろんな本が読めて自分も成長したと思います。
読書は苦手ですが、子供が読める平易な言葉は、かえって心にすとんと落ちる気がします。歴史小説や哲学の本は私にとっては睡眠薬だからね。

今日選んだ内の1冊「どんなにきみがすきだかあててごらん」という絵本。
見たら幼児向けみたいですが、妙に感動してしまったので。
ちびうさぎとでかうさぎがお互いの「すき」という気持ちを競いあうという心温まるお話なのですよ。
「すき」って気持ちの大切さを感じます。
「すき」な人や物があることは幸せなことです。

今日、大きな夢ができたのですよ!
妹のカフェが将来大きくなったら本棚を置いて大人も感動する絵本を揃えるのです。
その為にも私は読み聞かせをがんばってきたのか!?と思っちゃった。

どんなに

同シリーズ、はる、なつ、あき、ふゆのお話もあるらしいです。




スポンサーサイト

| 子育て | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。