--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.07.24 14:18

英国のキャサリン妃が無事男の子を出産しましたね。
「久しぶりに世界中が明るくなるニュースだね」と私が言うと「そうだよね」と娘。
ところが「そう?」とパパ。「だってイギリスは男でも女でもいいんでしょ?」と言う。
王位継承の話だ。
そうじゃなくて。
無事に赤ちゃんを産んだ時の母親のホッとして嬉しい気持ち、そして誇らしい気持ち。
全国民が待ちわびていたんだから、そのプレッシャーたるや相当のものだったでしょうし。
そして初めて対面したわが子のかわいさ。
自分の家族の事のように喜ぶ国民の姿。
そんな喜びに共感して、嬉しい気持ちにならない?

「パパだって初めての子供が生まれたときを思い出さないの?
ウイリアムさんだって嬉しいんじゃない?」と食い下がったけど、反応が薄い。
男親ってそんなものかな。

話は全く変わりますが、今日は涼しい。そして雨上がり。と来れば、今日は何日和でしょう?
わかる人はきっと、放っておくと草ぼうぼうになる昔ながらの一戸建てに住んでいる主婦です。
そう「草取り日和」。
嫌いではないんだけど、結構大変。始めたら半日つぶれます。
マンション暮らしの人には大変さがわからないわよねぇ。そのかわりに高い管理費・維持費を払っているんだね。
ってことは戸建ての主婦にも管理費くれ~!って思いながら地道に作業してました。寄ってくる蚊もストレス。

家の前に車がとまって荷物を持った宅配便のおじちゃんが下りてきました。
私が立ち上がってどろどろの軍手をはずすと、ハンコは無いなと判断してペンを渡してくれます。
私が受け取りのサインしてると「今日は涼しいから始めたんだね」とおじちゃん。
私は何だか嬉しくなって、「そう、始めたところなの。でも草取りはきりがなくて…」と思わず親しく話してしまった。きっとおじちゃん、自分でも庭掃除する人なんだ。草取りの大変さを共感してくれた気がしてとても温かい気持ちになりました。

人の幸せを一緒に喜べたり、人のつらさを一緒につらいと思ったり、共感することは大事なことですよね。
介護の世界でも傾聴と共感はとても大事なことと言われてます。
でも共感と言うのは、立場が違うと難しいものでもあります。
キャサリン妃の出産だって、子供を無事に産んだ母親は喜べるけど、例えば望んでもなかなか子供に恵まれない女性は違った見方をするでしょうし。
でもいろんな立場の人の気持ちを理解しようとする事は大切。それが「思いやる」ってことかしら?
草とり中、そんなことを考えてました。




スポンサーサイト

| 日々のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

うんうん、そうそう。
なかなか共感できる人って男と女では違うよね。
日頃、家事を手伝ってくれる旦那だったら理解してくれる幅も広がるけど。まったくしない旦那は何が大変なのか分からないんだもの。
うちは後者だけども。
家事のこととかは主婦が共感してくれる~
でも、人生のことって誰に相談すればいいかわからない~
これから先、何を楽しみながら充実した日々を過ごそうか真剣に悩むお年頃ですわ。

風邪、よくなってきたよ♪

| chihiro | URL | 2013.07.25 13:28 |

chihiro様

長い記事、読んでくれてありがとう。
やっぱり立場が違うと「共感」って難しいよね。
お互い思いやったり、相手を認め合ったりする事が大切なんだけど、それが出来る人と出来ない人がいるのね。

chihiroさんは子供が男の子だから、子離れが早そうね。
でもお友達がたくさんいるから、悩む事無いって。楽しく暮らしていけるよ!

| mamazo | URL | 2013.07.25 22:16 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。