--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.01.30 15:25

数日前、お風呂に入ったはずの息子がパンツ一丁でリビングに飛び込んで来た。
「お湯が抜けてんだけど-_-#」

「え?!やっちゃった?ごめ~ん」

「何で確認しないんだよ!しっかりはめないとダメだって分かってるだろう!学習しろよ!…パパが怒るのもわかるよ!この前だってトイレの電気ついてたし。全く!」

普段、口数少ない息子に怒鳴りたてられた。うとうとしてた私はすっかり目が覚めた。
つまり、私がお風呂を入れた時、うっかり栓をしっかり閉めていなかったのでお湯が漏れていて、入ろうとしたらお湯がなかったのだ。うちの家族、誰でも一回はやったミスだ。

寒い脱衣所ですっぽんぽんになって飛び込んだお風呂にお湯がなかったら、キレるのはもっともだ。
けど、落ち着いたら、ムカついてきた。
第一、ママは朝、仕事に行く前の忙しい時に、ぷうたの散歩に行ってから、お風呂も洗ってるのよ。入れてもらって文句言うなら、自分で入れなさいよ!仕事しない人はそれだけミスも少ないのよ!と反論したかった。が、息子に叱られたことがショックでションボリしてしまった。見当違いの逆切れはよそう。大人気ない。

「パパが怒るのも分かる」とは、私はよく昔から電気の消し忘れなどを繰り返し叱られてきたのだ。電気つけっぱなしの明るい?家庭で育った私は、なかなか習慣が変えられなかった。でも、最近では、出かけるときはもちろん、家にいるときもこまめに電気を消している(つもり)。
いつか、叱られた時に私はこう言った。「確かに一銭も稼いでない私が、電気を無駄使いするなんて、頭くるよね」
そしたらパパの怒りは違う方向に更に増した「そうじゃない、なんでもやりっぱなしで、だらしないのが許せないんだ!」と電気ならまだいいけど、火事やらどろぼうやら、いつか取り返しのつかないことになると。

昨日のニュースで無人の自動車が線路に突っ込み電車と衝突した話、何度もやってた。
パーキングに入れたつもり、サイドブレーキ踏んだつもり…のうっかりが取り返しのつかない事になってしまう。

やっぱり息子に叱られてよかったんだ。
取り返しのつかないことをしでかす前にね。反省反省。
スポンサーサイト

| 日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。